医療生協わたり病院 研修医・医学生のページ

初期臨床研修医募集

ホーム > 初期臨床研修医募集 > 初期臨床研修について

初期臨床研修について

研修理念

住民の医療要求にこたえ、患者様の人権を守る立場で
社会的に信頼される医師となるための基礎づくりをおこなう。

臨床研修の目的

このプログラムは、卒業直後の医師が2年間で身につけるべき基本的な臨床能力を習得すると共に、地域に暮らす人々の医療要求に応えながら診療を行い、各分野のプライマリ・ケアを習得できるようになることを目的としています。

当院では、将来進む分野に関係なくプライマリ・ケアの各領域を各分野でわけあって研修する方式をとっています。特に内科病棟での研修は、呼吸器、循環器、消化器、糖尿病・内科一般を担当する医師が疾患毎に指導に当たり、複数の疾患を複数の指導医とともに並行して担当します。臓器に偏らない研修を進める上での当院の研修の特徴となっています。

臨床研修の目標

1当院では初期研修2年間の一般目標(GIO)として以下を掲げています。

  • A.患者様の問題点を的確に捉えられる基本的、総合的な診療能力を獲得する。
    1. 患者様を身体的、精神心理的、及び社会的側面から全人的に理解し、患者様や家族と医療の目標を共有する。
    2. 臓器に偏らない、総合性を重視した、医学医療の基本的知識と技術を習得する。
  • B.患者様の立場に立ったチーム医療を実践する能力を獲得する。
  • C.医療の社会性と医師の社会的な役割を自覚し、健康や暮しを守る立場からよりよい医療を追求する視点を獲得する。

2上記を実践できるための具体的な行動目標(SBO)は次の通りです。

  • A.患者様の問題点を的確に捉えられる基本的、総合的な診療能力を獲得する。
    1. 患者様や家族と良好な信頼関係を作ることができる。
    2. 基本的な診察ができる。
    3. 問題リストと初期計画を作成できる。
    4. 基本的な検査について、その適応を述べ、指示し、実施できる。
    5. 基本的な治療に関し述べることができる。
    6. 基本的な手技が適切にできる。
    7. 基本的な救急処置ができる。
    8. 適切なコンサルトができる。
    9. 生活習慣病の生活指導や予防医学の必要性、方法を述べることができる。
    10. ターミナルケアを経験する。
    11. 在宅医療、高齢者医療、障害者医療、往診、介護保険などについて、その基本を述ることができる。
    12. 診療記録を適切に扱うことができる。
    13. 目的に応じた文献を検索できる。
    14. 医療の安全性について述べることができる。
  • B.患者様の立場に立ったチーム医療を実践する能力を獲得する。
    1. チーム医療を理解できる。
    2. カンファランスで他職種の意見を聞き、問題解決できる。
    3. 他職種の役割や業務の流れを理解する。
    4. 臨床倫理四分割法に沿った意志決定を実践できる。
  • C.医療の社会性と医師の社会的な役割を自覚し、健康や暮しを守る立場からよりよい医療を追求する視点を獲得する。
    1. 医療と福祉の社会的役割について理解できる。
    2. 医師の法的な遵守規定を述べることができる。
    3. 介護保険の主治医意見書を記入できる。
    4. 診断書を書くことができる。
    5. 病院の地域での役割を理解し行事に参加できる。
    6. 青年医師会議や研修医会議に前向きに参加する。
    7. 後継者対策について理解する。

研修施設

研修プログラムは、基幹型病院・協力型病院・協力施設にて実施されます。

メールでの実習・見学に関するお問い合わせ

実習・見学申込・お問い合わせcontact

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

医療生協わたり病院 医局事務課
医療生協わたり病院 医局事務課
〒960-8141
福島県福島市渡利字中江町34
FAX 024-521-2926

024-521-2056受付 9:00~18:00 土日祝休

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休